かなやま湖ログホテルラーチ 廻る四季と美味なる創作フレンチ 2018年04月
FC2ブログ

2018、4、12 周辺情報!Ⅲ


キャンプ場周辺では、融けきれない氷の集まりが流氷のように風情ある情景を醸し出してます。

2018、4、12 周辺情報!Ⅱ


キャンプ場周辺の湖面の氷は融けました。

2018、4、12 周辺情報!


ラーチ裏山の林道はまだまだ雪が残り車での走行は難しいです。
ちなみに、タラノメ 山ウド コゴミ ギョウジャニンニク等の山菜類はまだです。フキノトウは大量に成長中です!

美味しい雑草…


旬の味覚フキノトウ。
この大自然の環境で生まれ育ちながらフキノトウ・ツクシ等を食べる食文化があるのを知ったのは大人となってからでした。
子供の頃フキノトウは通学の際に蹴飛ばして遊んでいたり、ツクシは畑仕事の手伝いで、嫌と言うほど広大な畑中に広がるツクシ(スギナ)を作物に有害な雑草として手抜きで作業しておりましたので完全なる悪役のイメージでした。その頃は、もちろんどちらも食べんなんて論外です。
ホテルに勤めるようになると食文化についての知識も広がり、食について持っていた常識が崩されるたびに驚きと好奇心が湧いてきました。フキノトウの天ぷらはお蕎麦屋さんで恐る恐る口にすると想像している味よりはるかに美味しく驚きでした。
畑仕事の手伝いで苦しめられ憎しみと嫌悪感しかないツクシも、意を決して卵とじで食べてみると食感が良く少し苦みのある美味しさに戸惑いました(>_<) ログホテルラーチ、今ならフキノトウ取り放題無料時間制限なしです(^^)
来月にはタラノメ・山ウド・ワラビの収穫期となります。
自然と共に生きる豊かさを強く感じる季節となりました。
sasaki

満腹でもスイーツは別腹

さっきあれ程カレーを食べて苦しいと言っていたのに、
舌の根も乾かない内にトスカチーナで午後のティータイムをしているのですから信用なりません。
しかも、お店に入る前はケーキセットにでもしようかしらと思っていたのに
いざ席に着いてメニューを見てパフェセットを注文していました。
IMG_1745.jpg
IMG_1744.jpg
「チョコ好きに贈るショコラパフェ」を同行者が食べ、私は「ティラミス&エスプレッソパフェ」です。
珈琲がお代わり自由だったのでゆっくり頂き、食べ過ぎだなと認めつつ帯広を後にしたのでした。
スタッフ・H

カレーが続きましたが偶然です

富良野でスープカレーを食べた翌日、帯広でスリランカカレーを食べました。
大通り沿いにある「スパイスガーデン」さんは恐らくスリランカの方なのだろうと思われる男性がカレーを作っています。
昨日もそうでしたが今日も私はスープタイプのしゃばしゃばカレーを選び、
ジャンボ海老トマトカレーをサラダと食後の飲み物の付いているセットにしたのですが・・・
IMG_1742.jpg
IMG_1743.jpg
サラダもカレーもご飯も量が多目でちょっと食べ終わった時に後悔しました。
(美味しいです、美味しいですが量が多目なので食後すぐに動けず、席を立つのもゆっくりとしか出来ませんでした。)
小食の方とか、それ程お腹の空いていない方にはなかなかに厳しいボリュームですのでお気を付け下さい。
こちらはカレーの相方にご飯、ナン、ローティーの三種があり、好きな相方を選べますので
お好みやカレーに合わせて相方も変えると楽しそうです。
次は後悔しないようにがっつりお腹を減らしてお邪魔します。
スタッフ・H

スープカレーに油揚げ?

富良野に出掛け、ハイランドふらのでお風呂に入ろうと思ったら6日迄お休みと看板が出ていた4月の2日、
がっかりしながらお昼を食べようとお邪魔したのはスープカレーのお店「きち」さんです。
場所は富良野マルシェのすぐ近くで、看板も大きいのですぐに分かります。
定番のチキンにしようかなと思ったのですが、新メニューをお勧めされたのでそちらにしました。
韮と鶏の挽き肉の入ったキーマ、に、かりっと焼いた油揚げが添えられていて
油揚げをカレーに浸して食べるとの事でした。
(トッピングに半熟卵と茄子とトマトを追加し、ちょっとは健康面も気にしてみました。)

カウンターの上にリールがあったり、雑誌コーナーの中に釣り雑誌があったりしたので
きっとお店の方は釣りがお好きなのだと思います。
私がお邪魔した時は平日のランチタイムだった事も関係あると思いますが
観光客の方よりも地元で働いている方の方が多く食べに来ていました。
次回はスリランカカレーを頂きたいと思います。
スタッフ・H
プロフィール

かなやま湖ログホテルラーチ

Author:かなやま湖ログホテルラーチ
かなやま湖ログホテルラーチのブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR