かなやま湖ログホテルラーチ 廻る四季と美味なる創作フレンチ 2017年10月13日
FC2ブログ

蓋が浮く程のボリューム


旭川からの帰り道、また富良野の小玉屋さんに寄って夕食を食べました。
寒かったので玉子入り鍋焼きうどんに海老天をトッピングしましたら
木蓋が閉まらないボリュームで運ばれて来て笑ってしまいました。
IMG_0855.jpg
小玉屋さんの鍋焼きうどんはキクラゲが入ってるんですよね。
そんなにあちこちのお店で鍋焼きうどんを頂いている訳ではないですが、
キクラゲは一般的な具材なのでしょうか?
熱々おうどんを食べ終える頃には汗だくになって仕込んであったヒートテックが暑かったです。
スタッフ・H
スポンサーサイト



駅近の酒造です


旭川に行く度に酒造見学をしたいと思っていましたが、車の運転があるので願い叶わず帰宅していました。
しかし今回の外出はアルコールを受け付けない体質の道連れがいたので
帰りの運転を一任する事にしてようやっと念願の酒造見学に行けました。
旭川駅に近い、高砂酒造さんは藍色の暖簾と白い蔵壁のコントラストが綺麗です。
IMG_0852.jpg
リアル杉玉を見つつ中に入り、酒を仕込んでいる水を試飲し、売店コーナーに入るとあちらも酒、こちらも酒と夢のような世界です。
でもでも、言い訳をする訳じゃないですが今日のお目当ては酒ではないのです。
江丹別町の伊勢ファームで作られているブルーチーズを
高砂酒造の酒粕で覆って追熟させた「旭川」と言うチーズを狙って来たのです。
冷蔵庫の中に並ぶ「旭川」は100グラムの物と90グラムの物があったので90グラムのを一つ取り、
その隣に火入れをしていない一番搾りのお酒もあったので山田錦と吟風と迷って吟風を一本取りました。
IMG_0851.jpg
次の休みが今から待ち遠しいです。
スタッフ・H

福吉カフェでキーマカレー


綺麗な三層になっているこちらのドリンクは、旭川の常盤公園近くにあるカフェ、福吉カフェで頂きました。
旭川美術館へ猫まみれ展を見に行く前の腹ごしらえでお邪魔したのです。
食事はキーマカレーにトッピングとしてアボガドを載せた物と
IMG_0845.jpg
チーズを載せた物、
IMG_0846.jpg
それに鯖味噌セットです
IMG_0844.jpg
三層のドリンクは福吉らてと言って上から順に抹茶、牛乳、あんこが重なっている物を
良く混ぜてから飲む目に楽しい和風ラテでした。
しかし、一番印象に残ったのはこの見目麗しいラテではなく、カレーにひっそりと添えられた豆です。
こちら、道産子が大好きな甘い煮豆なのかと思いきや酸味爽やかなピクルスになっていて
更には口に入れた瞬間納豆の風味があるのにねばねばしていないと言う不思議な豆でした。
どうやって作っているのか気になってしょうがない一品でありました。
スタッフ・H

プロフィール

かなやま湖ログホテルラーチ

Author:かなやま湖ログホテルラーチ
かなやま湖ログホテルラーチのブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR